神奈川のパシフィコ横浜で行われた「再生可能エネルギー世界展示会」に今年も行ってきました。基調講演では、再生可能エネルギーが世界の発電に占める割合が大きく伸びており、石炭火力発電を上回ったことが報告されました。ここ数年で発電のカタチが劇的に変わり、大規模発電所から地域の自給自足的な発電のカタチに変わりつつあることが実感できました。原発にこだわって世界水準の発電コスト(1kwhあたり10円以下)の数倍に甘んじている遅れた日本の姿が示されました。

saisei

政府の再エネ政策の説明もありました。

◆第12回再生可能エネルギー世界展示会についてはここをクリックしてください。

◆会場の様子はここをクリックしてください。