20150320_006

3月20日と21日、今年も兵庫県立大学の学生さん達が相馬を訪れました。毎年恒例のじゃがいも植えのツアーです。

今回は先生方を含めて総勢11名。だいぶ新しい顔ぶれが加わりましたが、昨年のツアーで見た顔も。到着そうそう、休む間もなくじゃがいもを植える畑に移動です。

20150320_008

普段土に触れることが少ない学生さん達に指導をするには、浜通り農民連青年部の皆さんです。

ざっと、今日の作業の概略とじゃがいもの種芋についてのレクチャーを受けた後、青年部のメンバーがいもを植えるための「畝立て」をするお手伝い。
畝を決めるラインを線引きする作業からです。

 

20150320_003

長いひもを畑の端から端まで張り、そのひもの上を歩いて足跡をつけていきます。ゆっくり歩いて足跡をつける者、小走りで行く者。耕された柔らかな畑の土の上を歩く感覚は、普段の生活の中ではあまりないことでしょう。

20150320_005

畝たてが終わったところから肥料をまき、いよいよじゃがいもの種芋を植えていきます。今年はメイクイーンを植えます。
種芋を置く間隔に気をつけながらふたり一組で進みます。昨年からの参加者は手早く、今年初めてのひとはゆっくりと慎重に。

 

20150320_001
20150320_009

うまく手分けして、あっという間に植え終わりました。

20150320_004

植え終わった畝に、土を被せていきます。この作業の方が、慣れるまではしんどいかもしれません。

20150320_010

今日の仕上げは、土を被せ終わった列に、黒マルチを掛けていきます。マルチが飛んだり、捲れないようしっかりと張りながら両脇に土を被せます。

20150320_007

みな疲れも見せず手際よく作業していったので、予定よりも早くすべての作業が終了しました。ずっと笑顔が絶えないのが、印象的でした。

20150320_011

農作業のあとは、カフェ野馬土に移動して恒例のバーベキュー大会。そして学生さん達は、地元の農家さんの家に、いくつかのグループにわかれて宿泊していきました。

明日は、福島第一原発20㎞圏内ツアーに向かいます。

皆さん、また秋に畑で会いましょう!

20150320_002