朝から快晴に恵まれた7/2(土)、家族農林漁業プラットフォームより発足したオーガニック委員会の活動の一環として、福島大学食農学類 神宮字寛教授をお招きし、「田んぼの生き物調査」を開催しました。

相馬市山上地区で長年有機農法に取り組まれている渡辺さんの田んぼをお借りし、子供含む総勢14名で実施。植えてある苗を踏まないように、慎重に歩きながら田んぼの生き物を調査し、トンボの羽化殻を採取しました。

暑さの為1時間半程度の実施でしたが、30分間で172個の羽化殻を採取することができました。調査結果は追ってホームページ等で公表したいと思います。