3月21日から23日までの3日間、兵庫県立大学を中心とする学生さん達約25名が野馬土を訪問しました。

20140325_001

皆さんは、森永先生、浦川先生、馬場先生のもとで防災を学ぶグループで、2012年のカフェの建設や、昨年のじゃがいも植えなどたびたび相馬を訪れてくれています。今回はいままでで一番の大所帯。被災地は初めてという学生さんが多いようです。

22日の午前には福島第一原発20㎞圏ツアーに参加し、午後にはカフェ野馬土にて、放射能検査等による地域の安全対策、仮設住宅での高齢化対策、野馬土の設立から今後の展望等について講義を聴きました。夕方からは恒例のバーベキューです。

20140325_006

23日は、じゃがいも植えです。浜通り農民連青年部の指導をうけながら、溝堀り、溝への灰撒き、種芋置き、土かぶせ、マルチ敷き、マルチ固定を行います。畑が初めての人、鍬を持つのが初めての人、長靴を忘れてしまった人などなど、苦労しながらも協力して楽しく作業する様子が印象的でした。

20140325_00420140325_003 20140325_002 20140325_007 20140325_005

夏になったら、自分たちで植えたじゃがいもの収穫に、また野馬土へ来てくださいね。