東京大学農学部の弥生会館で開かれたGAP JAPAN 2016 へ行き、JGAPを取り巻く状況と、その必要性について勉強してきました。14

KIMG1387[1]

JGAPとは食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証で、さまざまな農産物ビジネスの共通の土台として活用されています。ステージで交わされる生産者、大手バイヤー、農業普及員らによる熱い議論を聴くうち、食の安全に対する世界的な要求の高まりの中、JGAPの認証取得が農場の必須条件になるとの思いを強くしました。

KIMG1415[1]15