2013年3月11日、震災から2年の節目の日、ワーカーズコープちばの皆さんがイギリスのNPOの方と大学関係の方々と一緒に野馬土を訪ねてくださいました。浜通りの現状と私たち野馬土の取り組みについて説明させていただきました。写真一番右に映っているのはNPO法人相馬はらがま朝市クラブの高橋永真理事長。今回は、高橋理事長の紹介でおいでくださったものです。いつもお世話になり、ありがとうございます。

DSC03614_R

野馬土直売所にて。放射能測定装置や太陽光発電パネルなども見ていただきました。