8月2日、夜6時から南相馬市原町区のシェルターというお店で、小高区井田川で推進中のコットン事業について、関係者の打ち合わせがありました。おいしい料理を囲みリラックスした中で、株式会社アバンティ渡邊代表ら計8人で議論を交わしました。今年度の試験的な栽培の現状や南相馬を繊維の供給基地にするための戦略など、全員でアイデアを出し合い充実した会となりました。

図13

”新”事業に自然と話しが盛り上がります。

図14

順調に育つコットン。