10月21日、「東日本大震災・原子力災害伝承館」へ視察に行ってきました。

国道6号線より東へ少し進むと、突然大きな建物が現れました。

建物及び館内はとても立派なつくりとなっておりましたが、残念ながら館内は撮影禁止となっています。

『3.11以前の福島~震災・災害当時~現在』といったように、分かりやすく文章や映像等で紹介されています。また、津波で流されたランドセルや郵便ポスト、原子力災害直後の様子が書かれたメモやホワイトボード等多数展示されています。十分な見学と語り部さんのお話しを聞き終えると、約2時間が経過していました。そして全体を通して、主に県外から来られる方向けの施設となっている印象を受けました。

歴史に残るといっても過言ではない東日本大震災と原発事故。後世に伝えていくと共に、当時の判断がどのような影響を与え、今後どのようにすれば被害を少なく出来るか等の展示もあれば、尚良かったかもしれません。

 

20201021_101133