今シーズンオープンするブルーベリー園の記念イベントとして、6/18に地域の子どもたちが参加して倉庫をカラフルにペイントする企画を実施しました。

小高区のデザイン会社発案のイメージキャラクター図案を基に、フィールドワークで来訪した福島大学のむらの大学1年生メンバーが下絵描きし、公募で当選した地域の世帯7組の子どもたち13名が塗料でペイントの挑戦、倉庫をカラフルに彩りました☆

転校の栄養でブルーベリーがの生育が進まず、当日の試食は出来ませんでしたが、代わりに準備したかき氷が大人気!!福島大学生には、プレオープンい備えた農作業もお手伝いいただき、三浦代表による講話にもたくさんの質問をよせてくれました。

旧避難地域の新たな賑わい拠点の今後が楽しみです!