9/23、フランスのロクサナ・マラシネアヌ スポーツ大臣が野馬土を訪問しました。

今回は、ラグビーワールドカップなど国際大会の開催に合わせて来日し、オリンピックに向け福島県知事への表敬訪問などの多忙な日程の合間を縫っての訪問でした。

原発事故後、日仏会館からのからの大きな援助を受けたことから、今回の訪問になったようです。2時間近く福島の現状をじっくりと聞いていただきました。

大臣からは「オリンピックは発信のチャンスなので、大事にして欲しい。是非外国語の話せる案内人の確保を。」などと提言もいただきました。

フランス