昨年度から野馬土が取り組む、被災地視察+体験プログラムで福島の今と魅力を「まるっと」体感する『ふくしまル。』事業をPRする為、東京・代々木公園で開催された「アースガーデン2022冬」に出展してきました。

東京も福島も「まん防」発効中でしたが、コロナ禍でも出来ることを増やしていきたい思いから最新の注意を払いつつ敢行。実に2年振りとなる首都圏での広報活動となりました。

完全な屋外会場であっても出入り口には検温・消毒ゲートが完備。ブース運営やワークショップにも感染防止の為の対策が最優先されており、来場者のご協力も万全。ブースには東京在中の渡邊理事も参加し、新しいパンフレットや動画をご紹介しながら、福島の今の様子や、ものづくり体験の魅力をご案内。説明をきいていただきアンケートにお答えいただいた方に、●小高一味●小高カレー●菜の花オイルボディーソープの中から好きなものをプレゼントする企画としました。

IMG_8905

IMG_8910

IMG_8887

例年よりご来場者は少なめだったようですが、福島出身の方や支援で滞在してた方などはじめ、福島愛を語ってくれるお客様が多く立ち寄って下さいました。今後「ふくしまル。」をよりたくさんの人に体験いただけるよう、貴重なご意見を大切に活用させていただきたいと思います。